what's guji…

スタッフルームTOP   >  
2018.09.28 fri

ニットがない!

著者:泉

『いやいや、そんなことないでしょ。』


『今シーズン、かなり潤沢したラインナップですよ。』


『新進気鋭の若手から、安定感ある大御所までオールスターぞろいだよ。』


、、、と確実にツッコミが入るであろうことはわかっています、わかっていますとも。


でも今シーズン、一番最初に買おうと思っていたニットが速攻で売り切れたのでちょっとだけ後悔しているわけです、ひがんでいるわけです。


そんなわけで、この文面を書き連ねている9月17日現在、僕にとっては『ニットがない!』状況なのです。


ちょっと脱線しますが、このタイトルに違和感を持った人は生粋の織田裕二フリークか、もしくは90年代トレンディドラマフリークのどちらかだと思われます。


ちなみにこのコラムは『わかる人にはわかる』という身勝手なネタをぶっこむ習性がありますが皆さまお気づきでしょうか。出来れば生暖かく見守ってほしいわけです、はい。


そんなわけで購入しようと思ってたのがコチラ↓


balcone di guji的にも今季おススメである右側のRENCONTRANT。
正直、そんなにすぐ売れないでしょ!と高をくくっていたのが運のつきでございました。
知名度はまだそこまででは無いものの、今までにない軽さとモダンなデザインに魅了された方たちが多いみたいで、各店でじわじわと無くなってきているみたいです。


では何を買うか、、、そんな時に頼りになるのが左側のPINE。

同素材のカーディガンタイプは速攻で全サイズ完売となりましたが、こちらのクルーネックタイプはポップアップ用で一時的に入れて頂いたものなんです。


ただここ最近PINEのスウェット買ったし、色も黒被りだし、同じブランドばっかりに傾倒するのもなぁ、と少し悩み中です。何方か背中押してください、、、


そーいえばこれを書いている時に妙に頭をよぎったのが『ボーダーニット』だったわけですが、特に店頭を見渡してもボーダー系ニットは見つからず、、、、


んー、いったい何きっかけなのか?と忘れっぽい頭で思い返してみると6月のイタリア出張時に見たアイテムでした。


お題とズレてるのは目をつぶって頂くとして、なんとなく自分の中でこういう少しクレイジーなボーダーが来るような気がするんです。シンプルなアイテムに傾倒し尽した感のある現在、気分は一周してそろそろこういったニットが台頭する日が来るのではなかろうかと、備忘録的に記しておきます。


というわけで、以上『"秋の"ニット事情』でした。


著者:

泉の記事

Archive

特集一覧


PAGE TOP