what's guji…

スタッフルームTOP   >  
2018.10.26 fri

ホットケーキはパンケーキの夢を見るか?

著者:泉

今回のお題は『食』にまつわるコト。

美味しいものは好きだけども、基本的にインドア志向の為か自ら調べて何かを食べに行くというのはほとんどないのです。

基本的に誰かに誘ってもらってようやく動くという受動型な私。

こういう職業柄、もう少し自発的に動きたいとは思うんですけどね、、、

特に子供が生まれてからは、もっぱらファミリー系のお店にしか行かなくなってしまったのが現在。

、、、、

、、、、、

、、、、、、

じゃあもう過去に遡った話しかないですね、これは。

と、いうわけで今回は2017年晩秋に行った喫茶店の話です。

嫁『妊婦だから着る服ないわ』

私『はい』

嫁『買い物行こう』

私『はい』

そんないつも通りの流れから阪急六甲駅にほど近いLe GRENIER de campagneというお店で、果たしてこれはマタニティの人が着るものなのか?普通のお洒落着ではないのか?という疑念をよそ眼に買い物をしっかりと済ませます。

嫁『お腹減ったから、あの店入ろか』

私『、、、こ、こりゃ、ついでに三宮まで行ってアニメイトに行きたいと言える流れじゃありませんな(心の声)』

ここで入ったのが『喫茶 月森』というこじんまりとした喫茶店でして、店主だと思われる妙齢の女性が一人で切り盛りしているようでした。

比較的遅い時間にも関わらず店内は満席、皆さん本を読んだり新聞を読んだりなど、なんとなーくアナログな空気感が漂っています。

どうもホットケーキが有名だという事を既にリサーチしていたらしく、ホットケーキを注文すると。

店主『1時間半ぐらいお待ち頂きますが大丈夫ですか?』

私『???』

とても穏やかで優しい口調、且つ有無を言わせない空気感を併せ持った店主の雰囲気に圧倒される私。

時間のことも既にリサーチ済みだった嫁。

嫁『大丈夫です』

私『1時間半だとぉ、アニメが3本も見れるではないか!!(心の声)』

と、最初はホットケーキにそんなに時間がかかるのか、まるでパンケーキ屋の行列みたいな感じだなと思っていたわけですが、店内の何とも言えないゆったりとした空気感、置いてある本やレイアウト、すぐに出せると言われてオーダーしたドーナッツとココア、などなど全てが気持ちをほぐしてくれるような雰囲気に居心地の良さを体感、まさにゴールドエクスペリエンス。(JOJO第5部参照)

そんなこんなで待ちに待った主役が登場。

今までの人生の中でこれ程ホットケーキを待ちわびたことは無かったのです。

なんというか、思っていたのとちょっと違ったコレジャナイ感を覆す美味しさ。

今まで食べていたホットケーキは一体なんだったのか?という衝撃を味わったワケです。

特に何も思うことなく入ったせいなのか、それとも待ち時間がいい方向に作用したのかはわかりませんがとても充実した時間だったのは確かです。

今となっては中々そういう時間は取れませんが、またタイミングがあえば行きたいと思えるお店。自分の中ではかなりレアケースなんです。

ちなみに今回はファッション要素皆無でしたね、、、

と言うわけで無理やり感は否めませんが、その時は確かこんなコーディネートだったハズ。

という記憶をもとに再現。

ブルゾン COVERT

スウェット mey story

パンツ 私物

帽子 Larose

コンセプトも何もあったもんじゃないですが、『喫茶 月森』に行くのであればこのぐらい力が抜けているのがちょうどいい塩梅かなと思ってます、はい。

著者:

泉の記事

Archive

特集一覧


PAGE TOP